コツコツと地道に進めるタンク製作作業

道のりは程遠い…か

文句を言わず頑張ろうじゃないか!

 

さて、続いての作業は

『ブラケット製作』だ。

元々のタンクを支えるブラケットはフレームと一体化の鋳物構造。

IMG_8670 - コピー

こいつね

もちろん今回の製作タンクとは位置関係もサイズも違ってくる。

IMG_8674

コイツを残したままだとさすがにブサイクなので…

ノーマルフレームに惜しげもなく刃を入れる!

ギャイ~ン!しらんよ~!

IMG_8675

サンダーと格闘すること数十分、

鼻毛が鉄粉で詰まったところで

ハイこうなりました。

あえて丸っこい部分は残すとしよう。

 

さぁ続いてはもう一つの『支点』の製作だ。

IMG_8676

プレートを2つ切り出し…

IMG_8677

間にカラーを溶接

IMG_8703

そいつを先程の輪っかの少し上部に取り付ける。

バチ~ン!とな

下の輪っかの穴も1サイズ小さくね

続いてブラケットの『足』となるプレートを製作。

IMG_8704

デザインに悩んだが、最終的にこうなった。

めんどくさ~~~!

IMG_8705

フレームに合わせてみると、こんな感じね

これにより元々のブラケット穴も意味を成すのだ。

IMG_8706

位置を合わせてガセットを入れ…

いよいよタンクが乗っかるためのプレートを作る。

IMG_8710

リジットフレームの為、やはりマウント方式はブッシングにした。

IMG_8711

そいつをさっきの『足』と合体し、再びガセット補強を入れる。

IMG_8728

後はサクっと塗装を施し完成だ。

バンザ~イ♪君に会えてよかった~♪

IMG_8730

フ~、こーなるのである。

これでようやくタンクを乗せることができるね

IMG_8733

疲れた後にはルマンドで心を癒すとしよう

いただきま~す

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

モトガレージ ライフ
モトガレージ ライフ

MOTOGARAGE LIFE
〒640-0112
和歌山県和歌山市西庄416-3
TEL/FAX:073-452-6855
OPEN:9:00~19:00
CLOSE:不定休

カレンダー
2018年12月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31