めっきり秋めいてきた昨今。

日中は汗ばむ日もあるが、それでもかなり過ごしやすくなったものだ。

朝晩にいたっては『涼しい』を通り越して『さむ~』の言葉が出てくる。

ん?そうだ、この瞬間だ!

この一瞬こそ私の嫌いな『冬』を思い出す瞬間…。

「イヤ~ン寒いのきら~い!」

 

いや~しかし人間とは不思議なものである。

この間までの猛暑真っ只中。

汗をダラダラかいてはクーラーの部屋に逃げ込む…

なんて日々の中、人は極寒の『冬の感覚』なんてモノをす~っかり忘れてる。

コタツに入り、ファンヒーターの前で縮こまってたなんて想像もできないのでは?

「冬ってどんなやったやろ?」

と40回も経験してるのに、真夏の中ではイマイチピンとこないもんだ。

その逆も同じ

真冬の真っ最中だと

「夏に川でチャプチャプしてたなんて信じられん!」

な~んても思う。

要するに、人は『今』の環境を感じるのに精一杯で

『ひと昔前』のことなど頭にないということだ。

季節以外の物事でも同じことが言える。

人並みの生活をしてる中、幸せの中にもやはり悩みもあり苦労もある。

そうやって日々その瞬間を生きているのだが、

気付けばそれが幸せかどうかも感じないまま過ごしている。

しかしだ、私事で言えばその昔、永い入院生活なんて時期もあった。

当然『今』よりも辛い時期だった。

ならば当然『今』の方がイイ。

だが、そんな『昔』も毎日思い出し生活してるわけではない。

そう、『辛かった』と言うキーワードを常に心に刻み、

そしていかにコントロールするかで人は『今』という時を大切に生き、

その上で成長していくのだと私は思う。

『経験』というものも、時折思い返さなければ

頭のハードディスクではただの無駄ファイルでしかないのだ。

というわけで、アイフォン6がたまらなく欲しいが

昔のポケベルよりまだマシなので我慢しよ~…チン

 

ある日のエピソード①

ある日のことだ。

イツメンたちが店に集まる中、

友人のグラサンが目にとまり、何気なくかけてみた。

「意外と似合うね~」

瞬時に『第一回グラサン選手権』の開催となる。

そこへ一人の男が車へ向かい、なにやらゴソゴソ….

戻ってきた彼に我々は頭を下げることとなった。

「お勤めご苦労様です!!汗」

北野タケシ監督の『アウトレイジ3』のキャストが決まった瞬間だ。

IMG_7177 IMG_7178

ある日のエピソード②

かなりのスローペース作業のCB650

なかなか手がつかず、お客様には迷惑をかけるばかり。ペコリです。

そんなボチボチ作業ではあるが

もっとも難関であるキャストホイールからスポーク化が

ようやく実現された。(てかまだリヤだけ…汗)

しかもリヤでは珍しい19インチときた。

CB500のハブを入手、そしてスポークは特注だ!

ひとまずイメージを掻き立てるため仮にローダウンして組んでみる。

「う~む、いいぞ~!!!」

とにかくちょっとは前に進んだ….かな

がんばりま~す!

IMG_7213

ある日のエピソード③

最近、特にだが毎日ギターを弾いている。

息子に教えてるってのも理由かもしれない。

そんな中ふと昔を思い出す。

その昔、淡い高校の青春時代。

がむしゃらにバンドに熱中していた頃だ。

もっぱらコピーしていたのが時代を一世風靡していた伝説のバンド

『BOOWY』。

全てと言っていいほど弾けていたギターフレーズだが

20年以上も経つとス~ッカリ忘れてる…汗

懐かしく久々にCDを聴くと、無性に弾きたくなってきたぞ!

てなわけで、バンドスコアをゲ~ット!

う~ん、なつ~い!

ちょっと見てピロピロ弾いてみる。

「マリオネ~ット♪ピロ~ン♪」

ワッハッハ!まだまだできるじゃん!

老化防止はこれに限るのだ

IMG_7182 IMG_7183

ある日のエピソード④

飽きることなく『ドラム』にハマってる次男坊

私のスキルをいとも簡単に習得する上

習いに行ってるティーチャーも「センスガいい!」と太鼓判。

思いの他ヤレるというので、つい私は想像する。

「オオモノになるには今がチャーンス!目指せ左手うちわ!」

と、嫁を説得、んでもって本物購入を決断!!

誕生日でも子供の日でもなんでもないのに買うたったわい!!ガ~ン

「ホンマお前は幸せやな!感謝しろ!」

と言うよそで私が欲しいというのが8割しめているのは言うまでもない….

有難うセカイ!ヤッホー!

IMG_7217 IMG_7313

ある日のエピソード⑤

ドラムが来たのはいいが

今まで使っていた『シンセドラム』とは大きな違いが一つある。

「音がデカい」

ひとたびスティックを振り下ろすと

そこはブラジルのカーニバル会場のように賑やかになり、

台所に立つ嫁もサンバを踊りだし、家事もままならないという始末に。

「こりゃ近所もたまらんじゃろか…汗」

ならばと『防音対策』決行だ!

久々の日曜大工、

不慣れな大工仕事に奮闘する。

さすがはこの道では素人

丸ノコはつぶれ買い直すわ

木クズを吸い込みすぎて掃除機はつぶれるわ

結果、猫の手ならぬプロの手をかりるわで、もう大騒ぎ。

数日にわたり作業遂行

『元ガレージライフ』は『スタジオ・ライフ』に変身したのだ!

これで少々大きな音をかき鳴らしても大丈夫。

夫婦喧嘩をするときにももってこいの場所が誕生したという。

IMG_7341 IMG_7342

IMG_7189 IMG_7340

ある日のエピソード⑥

またもや次男坊ネタ

小6の息子が修学旅行という。

楽しみ過ぎて朝5時に起床!はや!

結果バスの中ではほとんど寝ていたらしい….

デタ~!お決まりの京都土産『ヤツハシ』

好きなんよねコレ

IMG_7296 IMG_7297

ある日のエピソード⑦

2か月一度の恒例行事、『私』の車検日がきた。

毎回毎回、尿検査に採血….。

いつもながらズラリ数値が記載された検査結果の紙が渡される。

う~む、私が患っている『腎臓』以外もこの検査でわかるのだろうか。

そこで先生に聞いてみた。

「人間ドック的のモンをしてないけど、そんなんで大丈夫だっか?」

「だいたいわかるけどCTも撮ったらえ~でんな」

「ほなお願いしまっさ」

男41….

バイクで言ううなら3万キロは回っただろう。

あちこちガタがきてもおかしくない。

同世代との呑み話も『健康』についてのお題が多くなってきた。

「もっと早く気づいていれば!」

なんてテレビもよく耳にする。

少々お金はかかるが、こんなタイミングだからこそ検診しておくべきだ!

そう思い、いざCTチャレ~ンジ!

 

「はい、ここへ寝て、ズボンを半分おろしてくださいね」

思わずパンツもおろしかける。

「パンツはいいですよフフフ…」

「……」

「はい、息をとめて~」

「グイ~ン」

「….」

痛みも感じずあっという間に私は輪切りにされ検査終了。

「こんなんで人間の中見えるってスゴい機械やな」

現代医学のすごさを知り、感心と同時にもう一つ気になる文字が目に入る。

そのドデカイ機械には『TOSHIBA』とメーカー名が堂々と刻まれていた。

「か、かっこい~、トウシバ…汗」

店の潰れたFAX機はTOSHIBAにしようと心に決める。

そう『ネームバリュー』とはこういうことなのだ。

IMG_7339

 

 

 

 

 

モトガレージ ライフ
モトガレージ ライフ

MOTOGARAGE LIFE
〒640-0112
和歌山県和歌山市西庄416-3
TEL/FAX:073-452-6855
OPEN:9:00~19:00
CLOSE:不定休

カレンダー
2020年1月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031